映画 ドラマ 「極道の紋章 レジェンド」 現最新作第12章まで 観た

 

感想

仁科貴(にしな たかし)氏が演じる橋本氏が変なことをやって話を面白くしていて凄かった。

ヤクザ映画でよく観た私の好きな俳優川谷拓三氏に似ていると思ってたら、調べると氏の息子さんだったので嬉しくなった。

白竜氏が映画「ゴッドファーザー」の人々が被っているボルサリーノ ハットを被りながら、各話の最後で無敵な銃撃戦を繰り広げ物語の問題を解決していくところがカッコ良かった。

漫画 あぶさん 全107巻 水島新司氏著 読んだ

 

感想

1973年から2014年まで連載された野球漫画。

主人公あぶさんプロ野球選手、プロ野球球団のコーチなどとして活躍する話。

その41年間の日本プロ野球の実在の人物が数多く出演するので日本プロ野球の歴史の勉強になる。

また、本作内では現実の実際の時間の流れを前提としているので、あぶさんが67歳になるまでの経験を読め、特に氏と氏の子供がプロ野球界で対決するという魅力的な展開などが素敵だった。

大河ドラマ漫画「クッキングパパ」、「いのちの器」のように時代の流れとともに出演する登場人物が全員善人で読んでいて幸福な気持ちになった。

水島新司氏の野球への愛情を多く感じられて良かった。

映画 ドラマ 列島制覇 非道のうさぎ 全8話 観た

 

感想

ヤクザ、極道の人々が、音楽の声楽、合唱に夢中になる話。

本作はテーマが斬新で新しい感動を得た。

本作を観ていると音楽の声楽、合唱に興味を持ち、実践してみたいと思うように楽しそうで凄かった。本作で繰り返し歌われる歌アメイジング・グレイス英語:Amazing Grace)は素晴らしい歌だと思った。

映画 極道の紋章 全20話、外伝2話 観た

 

感想

主役の極道の親分の趣味が天体観測なので星座の知識を勉強できて良かった。

アニメ Netflix  伊藤潤二氏原作 『マニアック』現最新話12話まで 観た

 

 

感想

伊藤潤二氏の漫画をアニメ化した作品。

氏の漫画はアニメ化してもとてもホラー、ギャグとして面白くて凄かった。

本作にはたくさんの言語の字幕があるから世界中の多くの人々がNetflixがアニメ化する作品として喜ぶと思った。

 

映画 新 極道の紋章 現最新作8話まで 観た

 

感想

極道の世界の高い立場の人々は常々問題が起こるからそれらを解決するために行動するので大変だと思った。

映画 キングダム 〜首領になった男〜 全6話 観た

 

感想

原作は村上和彦の「日本極道史『首領への道』」。日本オリジナルビデオ「首領への道」(1998年-2005年)と原作が同じ。

原作が何度も映画化される人気作なので原作をなんとかして読みたいと思った。