映画 シン・ウルトラマン 観た

 

感想

ネタバレあり。

庵野秀明氏がウルトラマンの話を原作を大切にしながら自分なりに作った話。

ウルトラマンについてあまり詳しくない今日の私が本作で観て分かった元ネタは

メフィラス星人と議論をすること

ゼットンウルトラマンが殺されること

などだ。

ウルトラマンにカラータイマーがないのはどのような意味なのか不思議に思った。

長澤まさみ氏へのアダルトなフェティシズム

・巨大化した長澤まさみ氏を下の視点から写そうとするところ

長澤まさみ氏の匂いを嗅いで世界の平和を守ろうとするところ

などいろいろあったと思った。

岡本喜八氏のような文字情報で伝える演出が多かった。

自分より劣っている地球人とわざわざ対等に交渉して自分の利益を得ようとする公平な心の持ち主のメフィラス星人(山本耕史氏)の数々のきめ台詞、「(ことわざ)、私の好きな言葉です。」と「(ことわざ)、私の嫌いな言葉です。」が、メフィラス星人の知能の高さを表現していてカッコ良かった。