漫画ルポ 中年童貞 (LEED Cafe comics) コミック 桜壱バーゲン氏 (著), 中村淳彦氏 (著)  読んだ

概要
引用Amazon CAPTCHA

商品の説明
内容紹介
社会からも女性からも排除された、この「生き地獄」

30歳を超えて性交未経験の「中年童貞」。
彼らの姿をインタビューを通じてえぐる衝撃のルポが漫画になった!

名前のない女たち』(宝島社・シリーズ累計30万部)『職業としてのAV女優』(幻冬舎新書・6万部)
『日本の風俗嬢』(新潮新書・9万部)
――日本の性にまつわる取材を続けるノンフィクション作家・中村淳彦があぶり出した
「中年童貞という生き地獄」を『絶望の犯島』(双葉社・櫻井稔文名義)の
変態男&ヤクザ集団の緻密描写でカルトな人気を築いた桜壱バーゲンが可視化する!!

引用 終わり

だいたいの目次
第一章 「中年童貞」の受け皿となる介護業界 前後編
第二章 妄想に生きる高学歴中年童貞
第三章 ネット右翼と中年童貞
第四章 秋葉原は中年童貞天国 前後編
第五章 モテなさすぎて死んだ鈴鹿イチロー
第六章 女への絶望から男で童貞喪失
第七章 中年童貞はこの社会が生んだ
第八章 中年童貞という地獄
他、各章に原作者によるコラム

感想
本書に描かれているさまざまな登場人物の要素を、私はいくつか持っているので、読んでて心が痛かった。
平田弘史氏が、題字を描いているのを気づいて、笑った。


原作も読んだ。
桜壱バーゲン氏が忠実に漫画化したことが分かる。
漫画化していない部分として、介護の坂口氏が、社会を羊水として考えているという部分がある。
私も坂口氏と同じように考えている。
反省したほうが良いかもしれないと思った。

アックス 第113号 特集:蛭子能収  青林工芸社 著 読んだ

概要
引用https://www.amazon.co.jp/dp/4883794296?tag=kumakatsu-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4883794296&adid=00PQ6S2E2TGXX2RZ8AN6&

引用 終わり

だいたいの目次
・「地獄に堕ちた教師ども」復活版発行記念特集ドキュメント蛭子能収
・連載comics
・連載columns

感想
蛭子能収氏の特集から、蛭子氏の漫画の作り方が分かって良い。
堀道広氏の「俺は短大出」で、山川氏がテレクラにハマって、豹変するところが面白かった。
あと、堀道広氏の「俺は短大出」のタイトルの題字を、なぜか平田弘史が迫力ある表現で書いてあるのが、面白かった。

大地獄城・血だるま力士 平田 弘史 氏 (著) 読んだ

概要
引用https://www.amazon.co.jp/dp/4883792323?tag=kumakatsu-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4883792323&adid=17Q53CF24H2M17ZQEGXK&

引用 終わり

目次
・大地獄城
・血だるま力士
・頭突き無双
・収録作品解説(編集部)

感想
 「大地獄城」は、「復讐つんではくずし」のリメイク版。迫力がすごい。
「血だるま力士」は、すごく強い相撲取り武蔵野弥助氏が、失礼なことをした大名達11人を相手に殺し合いをして、全員死ぬ話。弥助氏の勝負事に対する執念と、その他の面での異常に優しい性格のギャップが面白い。
「頭突き無双」は、頭突きの強い相撲取り鬼念山氏が、頭突きで次々と殺していく話。話の内容、絵とも大真面目な劇画なのだが、迫力がありすぎて、爆笑してしまった。