文学

神聖喜劇 小説版全巻(大西巨人氏)、漫画版全巻(大西巨人氏 (著), のぞゑのぶひさ氏 (著), 岩田和博氏 (著)) 読んだ

概要 引用神聖喜劇 - Wikipedia 『神聖喜劇』(しんせいきげき)は、大西巨人の代表作とされる長編小説、および、その派生作品。1960年から70年にかけて『新日本文学』に連載、1978年から80年にかけて刊行。戦前の日本軍を舞台とした作品である。凄まじい記…

ロマン ウラジーミル ソローキン氏 (著), 望月 哲男氏 (翻訳) 読んだ

概要 引用http://www.amazon.co.jp/gp/product/4336039585?adid=13SFAR1WHPE58S5D9248&camp=243&creative=1615&creativeASIN=4336039585&linkCode=as1&tag=kumakatsu-22商品の説明 内容(「BOOK」データベースより) 歓びと笑いに満ちた19世紀の小村。最もス…

服従 単行本 – 2015/9/11 ミシェル ウエルベック氏 (著), 佐藤優氏 (その他), 大塚桃氏 (翻訳) 著 読んだ

概要 引用 Amazon CAPTCHA商品の説明 内容紹介 2022年フランスにイスラーム政権誕生。 シャルリー・エブドのテロ当日に発売された、 世界を揺るがす衝撃のベストセラー、日本上陸。 読み終わって、呆然としながら、自分にこう言い聞かせなければならなかった…

ストーナー ジョン・ウィリアムズ氏 (著), 東江 一紀氏 (翻訳) 読んだ

概要 引用http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861825008?adid=05JR5VCTV8B5N9373HW0&camp=243&creative=1615&creativeASIN=4861825008&linkCode=as1&tag=kumakatsu-2219世紀末に生まれたウィリアム・ストーナーは農家の息子に生まれ、農学部で学ぶためにミ…

セリーヌの作品 4~15 読んだ

概要 4・・・ギニョルズ・バンド 5・・・またの日の夢物語/ノルマンス(またの日の夢物語Ⅱ) 6・・・またの日の夢物語/ノルマンス(またの日の夢物語Ⅱ) 7・・・城から城 8・・・北 9・・・北 10・・・虫けらどもをひねりつぶせ 11・・・死体派 12・・・苦…

たかがバロウズ本。 単行本(ソフトカバー) – 2003/2/15 山形 浩生氏 (著) 読んだ

概要 目次 序文と謝辞 第一部 総論 第二部 ウィリアム・バロウズの自由:その生涯と作品、そして既存評価について 第三部 ウィリアム・バロウズの不自由;ことばと記憶と死を巡って 第四部 ウィリアム・バロウズ:その未来と総括 補填感想 バロウズ氏の作品…

Charles Bukowski Fiction Collection [Kindle版] Charles Bukowski 氏(著) 読む

概要収録作品 PULP BARFLY HAM ON RYE POST OFFICE WOMEN感想 このコレクション集は、単品で買うより少し安いので良い。 ブコウスキー氏は、実存主義?で逞しくて魅力があって良い。 kindleの作品なので、kindle内の辞書を使いながら、素早く読めるので良い。

とろり半熟妻 (双葉文庫) 睦月 影郎 氏 (著) 読んだ

概要 目次 第一章 同い年の美少女は人妻 第二章 不倫相手は不思議美女 第三章 武道美女のフェロモン 第四章 巨乳美熟女の熱き淫惑 第五章 目眩く女体三昧の日々 第六章 3p快感に何度も昇天大学浪人生が、大家の女性とその彼女の母親と、性的関係を持ち、フェ…

夜の果てへの旅 上、下 セリーヌ氏 (著), Louis‐Ferdinand C´eline 氏(原著), 生田 耕作氏 (翻訳) 著 読んだ

概要 著者セリーヌ氏の分身のような登場人物であるバルダミュ氏が、いろいろ苦労する話。感想 フランス文学のすごい有名な作家で、面白いというので読んだ。 下品な言葉が多くて、すごかった。 著者は、実存主義の有名な作家らしい。 現実がひどく暗く書かれ…

死からの生還 [単行本] 中村 うさぎ氏 (著) 読んだ

概要 目次 まえがき 第一章 まさかのセカンドバージン!?足掻いてたら、想定外の入院、三回も死にかけた! 第二章 閉経、ババアってタブー用語なの?ツイッターを初めて個と全体の問題にハマる 第三章 3・11のあとの幸福とは何か 気が付けば、女王様はデ…

アントナン・アルトー伝―打撃と破砕 [単行本] スティーヴン バーバー氏 (著), Stephen Barber 氏(原著), 内野 儀氏 (翻訳) 著 読んだ

概要 目次 序章 第一章 シュルレアリスムと空虚 第二章 残酷演劇 第三章 メキシコ、ブリュッセル、アイルランド 第四章 幽閉の日々 第五章 イブリィ 打撃と破砕感想 アルトー氏の歴史を詳しく調べた本。アルトー氏の「全集」の序文の、 演劇とは処刑台か、絞…

神は沈黙せず  山本 弘 氏 (著) 読んだ

概要 フリーライターである主人公の和久優歌氏が、様々な超常現象を調べていく話。感想 村崎百郎氏が、”社会派くんがいく”で、本書を褒めていたので、読んだ。著者の山本氏がとんでも本について詳しいので、とんでも本のネタにされるような超常現象について…

神の裁きと訣別するため (河出文庫 (ア5-1)) [文庫] アントナン・アルトー氏 (著), 宇野 邦一 氏(翻訳), 鈴木 創士氏 (翻訳) 読んだ

概要 目次 神の裁きと訣別するため トゥトゥグリ 黒い太陽の儀式 糞便性の探究 問いが提出される・・・ 結論 残酷劇 「神の裁きと訣別するため」をめぐる書簡 ヴァン・ゴッホ 社会による自殺者 社会の自殺者感想 村崎百郎氏の記事でアルトー氏を気になったの…

エクス・ポ・ブックス1 フルカワヒデオスピークス! 古川 日出男氏 (著) 読んだ

概要 目次 音楽 言葉なきもの 言葉小説家の古川 日出男氏がいろいろな人と対談する本。感想 「ベルカ、吠えないのか?」が面白かったから、本書を読んだ。著者は、音楽、詩、文学に詳しい。 舞台で、詩を発表する活動もしている。著者は、いろいな分野の人と…

デッド・ゾーン上、下 (新潮文庫) [文庫] スティーヴン キング氏 (著), 吉野 美恵子氏 (翻訳) 著 読んだ

概要 未来を見ることができる超能力者ジョニー氏と、核戦争をするため大統領になろうとするグレッグ氏の戦いの話。感想 グレッグ氏のキャラクターがすごい。 ・乱暴。暴力をする ・聖書の販売者。聖書の知識に詳しく、それを使って、政治家として票を集める。…

ヴァン・ゴッホ (ちくま学芸文庫) [文庫] アントナン アルトー氏 (著), Antonin Artaud 氏(原著), 粟津 則雄氏 (翻訳) 読んだ

概要 目次 ヴァン・ゴッホ 社会が自殺させた者 神経の秤 芸術と死感想 村崎百郎氏が、アルトー氏を好きという本の記事を読んだので、読んだ。 アルトー氏のキャラクターがすごい。 ・演劇家、映画家、小説家、詩人 ・電波系 ・晩年は、精神病院で過ごす ・身…

ギンズバーグ詩集 [単行本] アレン・ギンズバーグ氏 (著), 諏訪 優 氏(編集, 翻訳), Allen Ginsberg 氏(原著) 読んだ

概要 目次 1「吠える」その他の詩篇より 2「虚ろな鏡」より 3「リアリティ・サンドイッチズ」より 4「カディッシュ」その他の詩篇より 5その他の詩篇 解説=諏訪優氏感想 ギンズバーグ氏のキャラクターがすごい ・詩人 ・ビートニク文学を、始めた人の…

ジャンキー (河出文庫) [文庫] ウィリアム バロウズ氏 (著), William S. Burroughs 氏(原著), 鮎川 信夫氏 (翻訳) 読んだ

概要 ウィリアム・バロウズ氏の自伝。感想 バロウズ氏のキャラクターがすごい。 ・麻薬中毒者 ・ゲイ。おかま。 ・妻をウィリアム・テルごっこで、間違って殺す ・ハーバード大学卒業 ・ビート文学の代表的作家 ・創作に、カットアップという手法を使う ・電…

私は、ライ麦畑の捕手になる。

私は、ライ麦畑の捕手になる。